卒乳後のバストの栄養

緑黄色野菜

 

バストアップという意味では、「バランスのイイ食事」が必須になります。

 

 

これからあげるバストアップに効果のある食べ物だけを食べていてもバランスが悪くなるので、

 

 

こういった食べ物を軸に、たんぱく質、野菜、穀物、果物などをうまく広く浅く食べていくのが体には一番いいです。

 

 

それを実現してくれるのが「昔ながらの日本食、和定食」ですね。

 

和定食

 

 

魚や肉のたんぱく質にごはん、みそ汁の中に海草類などがあり、豆腐も入っていて野菜炒めや和え物などで野菜もしっかり摂ることができます。

 

 

これはなかなかすぐれもんなんですよ和定食。普通にこれ食べていると体の調子もいいですし、太りませんしね。

 

 

食べすぎなんですよね。現代人。和定食を食べれば一日一食でもいいくらいです。

 

 

これを基本のスタンスにして、バストアップに効果のある食べ物をとっていきましょう。

 

 

では、おっぱいに良い食べ物です。

 

 

バストアップに効果のある食べ物

大豆

豆腐

バストアップに興味のある人なら知っているであろう「イソフラボン」という栄養素。これは女性ホルモンを活性化するエストロゲンと同じ働きがあります。女性ホルモンを活性化するんですね。そうするとダイレクトにバストアップ効果があります。

 

 

イソフラボンは血行を良くするので、バストに栄養がいきわたり相乗効果で冷え性も改善してくれます。
納豆・豆腐などが食べやすくて低価格でおススメです。

 

 

アボガド・ナッツ・亜麻仁油・オリーブオイル

ナッツ

バストアップには「良質な脂肪」が必要です。この「良質」というのがポイントで、肉などの脂肪ではなく植物性の油を中心とした脂質がバストアップに効果があります。

 

 

こういったオイル系はたくさん摂りすぎても良くないので、普段使っているサラダゆをオリーブオイルにしたり置き換えで使って行くのが簡単ですね。

 

 

なし・とうもろこし・キャベツ

キャベツ

キャベツには「ボロン」というバストアップに効果の高い栄養素が含まれています。

 

 

ポイントはなるべく加工せずに(熱を加えないで)キャベツをたべるということですね。

 

なかなかキャベツを生でたくさん食べるのって大変ですけどね^^;)まあたくさん食べなくても普通に食べるだけで

 

充分ですけどね。なし・とうもろこしも同様ですね。とうもろこしは熱を加えないのはちょっと厳しいので、そのへんはしょうがないですけどね。

 

 

牛乳・卵・肉・魚

ミルク

 

バストを支えている「大胸筋」こういった部分をトレーニングするのはバストアップには基本です。→参照 筋トレ

 

 

ただ、トレーニングだけしてても筋肉は作られないので、こういった「タンパク質」を取る必要が愛ります。タンパク質は人間に筋肉を作り上げます。牛乳などの乳製品や卵、肉・魚は必須の栄養素ですね。

 

 

ただこれも食べ過ぎは良くないので、なんでもバランスです。たとえば卵なら一日1〜2個で充分。魚も一回、肉などは一週間に1〜2回くらいがちょうどいいです。大豆も取っていれば十分すぎるタンパク質が摂取できます。いけないのは全く摂らないことです。

 

 

ナッツ類・かぼちゃ・オリーブオイル

かぼちゃ

ビタミンEを含んでいるためモノ。これは血行を良くします。バストを温めるのと同様血流がよくなると栄養が行き届いてバストにハリが出てきます。

 

 

わかめ

わかめ

わかめはバストの血流がよくなります。母乳の出が良くなるといわれています。ミネラルが豊富なので体調を整えるのにも効果的てきですね。

 

 

 

逆にバストアップにダメな食事

だめですよという女

基本的に、バストアップもそうですが、美容的に加工されたものはNGです。

 

ファーストフードやインスタントものは

 

 

たまに衝動的に食べたくなるものですが、できればためないほうが良いですね。

 

 

こういったものを食べているとバストアップへの道は遠ざかります。

 

 

こういった「合成添加物」を含んだものは、体の巡りを悪くして体を老化させる「活性酸素」を作り出します。

 

 

こう見てみるといいこと一つもないやんか・・・ということですね。食べるか食べないかはあなた次第です。

 

 

白砂糖はやばい

 

 

砂糖はやばいです。特に白砂糖は体を冷やしてめぐりを悪くします。これって本当にアレですよね。

 

 

血糖値が上昇するんよね白砂糖。一気に血糖値が上がって一気に下がります。

 

 

血糖値が一気に下がると、「甘いもの食いてえ」ってなります。そして甘いものを食べるとまた同じことを繰り返して負の無限ループになるわけですね。そうなるともうドンドン太りやすい体質、めぐりの悪い体質、冷え性になってしまいます。

 

 

これを避けるためには白砂糖の代わりに、置き換えのもので

 

 

メープルシュガー・てんさい糖・パームシュガー

 

 

などで甘味をとっていくことが大事ですね。

 

 

バストアップのために血糖値を抑えるには??

 

 

これはずばり「食べる順番を変える」これだけです。

 

 

まず、最初に野菜などから食事を食べるようにして、糖質であるごはんなど穀物は後で食べます。

 

 

最初にごはんを食べてしまうと、胃の中で糖質が思い切り吸収されてしまって、血糖値が上がってしまいます。

 

 

血糖値を上げないためには最初に野菜などを食べておいて、胃の中で糖質の吸収を悪くしておくのが効果があります。

 

 

余談ですけど、血糖値が上がると「インスリン」という血糖値を下げる物質が、たくさん分泌されてしまいます。

 

 

インスリンて糖質を「脂質」にしてため込む性質があるので単純に太ります。嫌ですよねコレ^^;)

 

 

とにかく野菜から食べるようにするとだいぶ血糖値の上昇をおさえることができるので実践してみてください。

 

 

食事は栄養素の宝庫ですからね

 

 

最初にもどりますけど食事はバランス型大事です。肉ばっかり食べてもだめですし、体にいいからといって野菜だけ食べててもダメですす。インスタント食品だけとかは論外ですね。

 

 

バストアップの助けになるのでしっかりと栄養を補給して、すこやかな体とおっぱいを作り上げていきましょう^^

 

 

 

 

関連ページ

卒乳後に垂れたバストにはナイトブラが必須な理由 垂れ乳改善の方法
授乳後に卒乳したら垂れ乳になった・・・そういうときはすぐに自分にあったブラでおっぱいをホールドしてケアしてあげましょう。寝ている間もナイトブラをつけてバストの「形状補正」をしましょうね(*^-^*)
卒乳後のブラジャーの選び方フィットするブラで垂れ乳改善
卒乳したら、今まで授乳で酷使されてきたおっぱいの形をケアしていきましょう。そのまま放置すると垂れ乳のままになってしまいます。フィットするブラやナイトブラを選んでおっぱいをホールドケアしてあげましょう。
卒乳後胸のしこりや乳腺炎のトラブルと具体的なケア方法
卒乳後にはバストにはトラブルが多発します。しこりがあったり、乳腺炎になったりと卒乳後のおっぱいわとてもデリケートです。トラブルの原因とそのケア方法を具体的のご案内します。
卒乳後の垂れたおっぱいにバストアップサプリを選ぶポイント
卒乳後にはバストが垂れてしまいます。まずはブラで形状補正してそこからはバストアップサプリなどをつかってハリと大きさを回復していくのも大事なケアの一つですね。そのポイントをご紹介しています。