産後のバスト下垂(垂れる)予防について

女性ホルモンのある女性

こんにちは。近藤理奈です。

 

 

私も娘が生まれたときにはうれしさ100倍でした。でも、授乳をしていくにつれてガンガン胸が垂れていくという状況なんですよね。

 

 

産後に胸が垂れるのは授乳をしなくても垂れてきますけど、授乳をすればなおさら垂れてくるのはしょうがないです。

 

 

垂れて生きたバストをケアすることがとても大事なんですね。なので産後の女性にとってバストの垂れをケアするのはやるべきことになってきちゃうんですよね。( ;´Д`)

 

 

産後に垂れた胸を戻すにはじっくりとしたケアが必要です ケアをしないと一生垂れた胸を晒していくことになるかも

 

そう、産後に胸が垂れるのはもうしょうがないです。これは全女性そうなるんですからね。

 

 

ただ、それを「放置」すると悲惨なことになってくるんですよね。

 

 

そうなんです。垂れた胸を放置すればそのまま「垂れたまま」になるのは当然んのこと・・・・

 

 

放っておけばバストが元の戻るということはまずありません。というか10代くらいの若い世代ならあり得ますけど30代アラサーの私くらいになるともう、絶対にもどってきません(´;ω;`)

 

 

なので、垂れた胸をケアして戻していくしないないんですよ。産後の垂れた胸のケアをしないととんでもないことになってしまいますよ。

 

 

でも、きちんとケアすれば元の戻っていくので大丈夫です。ではケアの方法をご紹介します。

 

 

産後の垂れ乳を戻す方法

 

授乳なキチンとした姿勢で行い左右対称に行う

 

 

適度なバストマッサージと運動を行う

 

 

おっぱいをしっかりとホールドして補正するブラをつける

 

 

バストアップにいい栄養素の食べ物を食べる

 

 

というのが基本になってきます。これらやっていくことで、じょじょにバストが元の状態にもどって、さらにバストアップをすることで、産後に垂れた胸を元に戻していくことができます。

 

 

授乳は背筋を伸ばして左右をバランスよく行う

赤ちゃん

授乳をするときに前かがみになってやったり、横に寝転んで授乳をすると胸が前に垂れたり、横に垂れたりしてしまいます。

 

 

また、授乳期に母乳の出やすい方だけで、授乳していると、母乳の出やすいバストがドンドン片方だけ大きくなります。

 

 

逆に、出にくいほうは小さくなっていきます。そのため、授乳後のバストサイズが左右で違いが出てきてしまいます。

 

 

大きいほうのバストは垂れやすい状態になってしまいます。大きさのバランスはバストにとって大事なので、授乳はバランスよくやっていくのがコツですね。

 

 

参照 正しい授乳補法

 

 

適度なバストマッサージと運動をする 

授乳期間の体は、普通のときと違って、体力が減りやすいです。また授乳のため発達した胸腺は、力を入れすぎる痛みやすくなっています。

 

 

運動は無理なくやって、マッサージもやさしく行い、胸腺を傷つけないようにやりましょう。

 

バストアップエクササイズ動画集

バスとの為の合掌運動

 

合掌運動その2

 

合掌運動と胸ほぐし

 

豊胸エクササイズ

 

豊胸エクササイズその2

 

オッパイ体操バスト揺らし

 

 

 

 

 

おっぱいをしっかりとホールドして補正するブラをつける

授乳が終わると、バストサイズが大きく変化します、そのときにバストサイズをしっかり確認して、サイズのあった下着を着けることでバストの下垂(垂れ)を防止できます。

 

 

めんどくさくても、手持ちの下着のサイズがちゃんと合っているか確認しておきましょう。

 

 

バストをホールドして「形状記憶」させることで以前のおっぱいの状態にもどっていきます。ここで自分に合ったブラをつけないでゆるゆるだったり、きつすぎたりしていると、おっぱいの形が崩れて結局垂れてきてしまいます。

 

 

 

参照動画 ブラジャーの選び方「A・Bカップ編」

 

参照動画 ブラジャーの選び方「C.Dカップ編」

 

 

 

 

バストアップにいい栄養素の食べ物を食べる

ナッツ

 

産後に胸の垂れがある程度改善されてきたら、さらにバストアップを狙って行くことも、おっぱいのハリを出す、おっぱいを大きくしていくためには大事なことです。

 

 

マッサージなどと並行して「バストにいい栄養素」を補給していくのがポイントですね。

 

 

バストにいい食べ物は豆類、志望の少ない肉、キャベツだったりします。こういった食べ物には「女性ホルモンを活性化させる働き」があり、女性ホルモンが活性化するとバストの中にある「乳腺」が発達します。乳腺が発達することで、バストにハリが出て大きくなっていくわけですね。

 

 

マッサージと同時に栄養も補給すると相乗効果でバストアップにはかなり効果的です。

 

 

バストアップにいい食べ物の詳細は以下の記事をご参照ください。

 

 

→参考 バストアップに効果のある食べ物は??

 

 

また、バストアップには普段の食生活だけでは足りない場合は、さらに女性ホルモンをサプリで直接取り込むのも効果が高いです。

 

 

「プエラリア」「ブラックコホシュ」といった女性ホルモンを直接活性化する栄養素を含んだサプリを摂取するのも効果が高いです。

 

 

食事だけでは補給することができない部分をサプリで補給する・・・普段の栄養素を同じイメージですね。バストアップサプリでバストアップの症状効果を狙って行くのも「大きなハリのあるおっぱい」をつくってくには効果の高い方法です。

 

 

 

 

産後に垂れた胸を戻していくのはやれば誰でも戻っていきますからしっかりケアしましょう

 

なんかたくさん動画とか載せましたけど、おっぱいケアってめんどくさい部分もありますよね。

 

 

でも、産後に垂れた胸がそのまま垂れたまま・・・・っていうのはちょっと女性にとって状況的には厳しすぎます(;・∀・)

 

 

なるべくハリのあるおっぱいを取り戻していですよね。だからバストケアはやっていくしかないんですよね。

 

 

私もめんどくさがり屋ですけど、自分のおっぱいが垂れた状態でこのままいくってちょっと悲しすぎましたからね必死でケアしました( ;´Д`)

 

 

おかげでだいぶ回復してきましたし、これからはバストアップも狙って行きたいと思っています。おっぱいは女の命なのでしっかりとケアしていきましょうね(*^-^*)

 

 

 

授乳後のバストの悩み解決サプリ!垂れた胸のハリを回復トップページへもどる

関連ページ

卒乳後バストがしぼのはクーパー靭帯が伸びるせい ブラと女性ホルモン活性化で改善
卒乳するとおっぱいばしぼむのはクーパー靭帯が伸びたりキレたりするせいです。卒乳後にはブラでホールドして女性ホルモンを活性化することでケアすることができます。
授乳後にブラジャーが合わないのはNG フィットするブラを選ぶ方法
授乳後に女性のほとんどがブラジャーがバストに合わなくなります。そこでしっかりフィットした自分に合ったブラをしないと胸が垂れます。しっかりとフィットするブラを探す方法をご紹介しています。
授乳後にぺちゃんこおっぱいを改善するケア方法
授乳後におっぱいがべちゃんこで垂れてきた・・・そんなときにそれを放置しないで改善するケアをやっていきましょう。放置るするとそのままぺちゃんこバストのままになってしまいます。その改善方法をご紹介しています。
授乳後に垂れた胸を乳腺を発達させて回復させる方法
授乳後に垂れたバストはケアしましょう。乳腺マッサージをして、ブラで形状補正。バストアップにいい栄養素を補給していくことで垂れたおっぱいを補正することができます。