バストのハリに影響するクーパー靭帯とは?

バストを抱える女性

 

こんにちは。近藤理奈です。

 

 

卒乳すると、どんな女性でもバストはしぼんでしまいます。これはそう「どんな女性」でもしぼんできます。

 

 

卒乳してさらにバストが大木成人はいません。でもねえ、それって悲しい現実ですよね。おっぱい小さくなるんですよねショックが大きいですよ。

 

 

しかも、小さくなるだけじゃなくて「しぼんで垂れて」きます。そうなるともうダブルのショックになってしまいます。

 

 

この卒乳宇後にバストがしぼんでくるのは「クーパー靭帯がのびる」ためです。もちろん、乳腺の発達が衰えて

 

 

それが原因でおっぱいがしぼむというのもありますが、乳腺とバスト自体を支えている「クーパー靭帯」が一度伸びてしまうと

 

 

なかなか元にはほどりません。普通の関節の靭帯も伸びたり切れたりすると元に戻りませんよね?それと一緒なんですね。

 

 


参照 クーパー靭帯とは

クーパー靭帯

クーパー靭帯とは、バストの乳腺や脂肪をいっしょに支えているコラーゲン繊維の束のことです。

 

乳腺を皮膚や筋肉で繋ぎとめてバストの形を保つ大事な存在です。普通の靭帯(じんたい)とは伸びたり縮んだりしないものですが、クーパー靭帯は伸びることもあり、切れてしまうケースもあります。

 

クーパー靭帯はのたり切れたりすると再生が難しく、バストが垂れる原因になってしまいます。

 


参照 クーパー靭帯が伸びてしまう要因

では、クーパー靭帯はどうして伸びてしまうのでしょうか?まず、バストの自体の重みによて重力によって伸びてしまいます。体が激しく揺れたりすると伸びたりします。

 

このような外からの刺激が長い期間続くと、クーパー靭帯が伸びてしまうこともあります。

 

また、大きく影響するのが年齢を重ねること。人体の組織はやはり加齢でゆるんできます。歳をとると太りやすくなるのと一緒で、クーパー靭帯も徐々にゆるんできます。そのためにバストの下垂を招きます。

 

 

このままクーパー靭帯が伸びたまま放置すると、ずっと垂れ乳のままで生きていく・・・怖い・・

 

そう、卒乳後にはこのクーパー靭帯が伸びてしまうわけです。

 

 

これをそのまま放置していると「一生、バストがしぼんで垂れたまま」になります。いやこれ、ものすごく怖いですよ。

 

 

だって、おっぱいたしぼんで垂れたままなんで・・・あまりに怖すぎます。焦りますどうしようと私も思っていました。

 

 

でも、安心して下さい。卒乳後に垂れたバストをケアしてあげれば以前のように元に戻っていきます。

 

 

そして、元に戻した後にバストアップのケアをすればさらにバストもハリが出て大きくなります。

 

 

まず、卒乳後のクーパー靭帯が伸びた状態のバストを補正する

ブラジャー

 

これは、このサイトで何度も取り上げていますが、「しっかりとブラで垂れたおっぱいを補正する」のがとても大事です。

 

 

ブラでバストをホールドすることにより「おっぱいを形状記憶」することで、以前の妊娠前のバストの状態にもどしていきます。

 

 

また、クーパー靭帯をこれ以上延ばさないためにもブラでのホールドはとても大事です。

 

 

20代前半くらいなら、割とすぐに妊娠前のバストの状態に戻りやすいですが、年齢を重ねるにつれてバストのクーパー靭帯も乳腺も弱くなっています。そう、年齢が上がれば上がるほどブラでのホールドのケアはやっておかないと、そのままおっぱいが垂れたままになってしまうんですね。

 

 

バストをホールドするブラジャーもテキトーに選ぶのではなくきちんとホールドできるブラを選ぶ必要があります。

 

 

参照
→授乳後のブラの選び方

 

 

ちなみに、卒乳して運動をする場合にはホールド力の高いスポーツブラをつける。寝ているときもナイトブラをつけるということは

 

 

忘れないでください。こういった動きに応じてブラを使い分けるのも大事なポイントです。

 

 

バストの垂れは卒乳後のブラでのホールドをしないとドン殿加速していくので一刻も早く適切に行ったほうがベターです。

 

 

 

 

 

 

ブラでバストをホールドして、女性ホルモンを活性化してバストにハリを出していく

女性ホルモンのある女性

 

 

妊娠中から出産、授乳しているときは、女性ホルモンが活発になってバストは大きくなります。

 

 

それが、卒乳すると同時に女性ホルモンの運動が依然と同じようになってバストは小さくなってくるということです。

 

 

これは先ほど言った「乳腺」が女性ホルモンが低下することでハリがなくなって、おっぱいが小さくなってきます。

 

 

卒乳すればだれでも女性ホルモンは平常運転になるわけです。

 

 

ただ、バストにハリを出すためには、女性ホルモンを活性化する必要があります。女性ホルモンを活性化させるためには

 

 

@バストにいい食べ物を食べる

 

 

Aサプリを利用するしてプエラリアなどを補給する

 

 

 

の二択になってきます。

 

 

@にバストのイイ食べ物はコチラを参照にしてください→バストアップに効果のある食べ物

 

 

 

バストにいい食べ物といっても、美容と健康にいい食べ物がほとんどなので、極端に食べ過ぎない限りは毎日とっていくのが好ましいです。

 

 

 

Aのプエラリア(女性ホルモンそのもの)などをサプリで直接吸収するという方法もあります。普段の食事で賄いきれない人はサプリを併用するのも大事なことです。

 

 

 

 

 

 

体の外からのケアは「ブラジャーでホールド」体の内側からは「女性ホルモンの活性化」の二本柱です。

 

 

卒乳後にクーバー靭帯が伸びてしまって、バストが垂れてきた・・・といっても悲観することはありません。

 

 

体の外からのケアとして「ブラジャーでしっかりとホールドする」

 

 

体の内側からのケアとして「女性ホルモンを活性化する」栄養素を補給する

 

 

 

という体の外と内からの二本柱のケアでおっぱいは回復していきます。そして大きくなっていきます。

 

 

 

キチンとケアすればおっぱいはそれに答えてくれるものなんですよね(*^-^*) レッツバストケアでやっていきましょう('◇')ゞ

 

 

授乳後のバストの悩み解決サプリ!垂れた胸のハリを回復トップページへもどる

関連ページ

産後に垂れた(下垂)胸をもとに戻してバストアップも狙って行く方法
産後に垂れた胸を元に戻していくにはやっぱりバストケアがどうしても必要です。めんどくさいですけどしっかりケアしてバストを元に戻していきましょう。
授乳後にブラジャーが合わないのはNG フィットするブラを選ぶ方法
授乳後に女性のほとんどがブラジャーがバストに合わなくなります。そこでしっかりフィットした自分に合ったブラをしないと胸が垂れます。しっかりとフィットするブラを探す方法をご紹介しています。
授乳後にぺちゃんこおっぱいを改善するケア方法
授乳後におっぱいがべちゃんこで垂れてきた・・・そんなときにそれを放置しないで改善するケアをやっていきましょう。放置るするとそのままぺちゃんこバストのままになってしまいます。その改善方法をご紹介しています。
授乳後に垂れた胸を乳腺を発達させて回復させる方法
授乳後に垂れたバストはケアしましょう。乳腺マッサージをして、ブラで形状補正。バストアップにいい栄養素を補給していくことで垂れたおっぱいを補正することができます。