授乳後のバスとケアには乳腺の発達が大事

マッサージオイル

 

こんにちは。近藤理奈です。

 

 

授乳後ってどうしてもバストが垂れるんですよね。これは何度も行ってますけど、授乳すればどんな女性でもバストは垂れます。これはしょうがないです。

 

 

ただ、ケアをしていけば完璧じゃなくてもある程度バストの形は戻ってきますし、そのあとバストアップのケアをすればおっぱいのハリは戻ってきます。

 

 

これって、私はずぼらでめんどくさがりやな性格でしたけど、じぶんのバストの垂れを見たらケアしましたよ・・・このおっぱいが垂れたままじゃあちょっと人生辛いなくらいにおもったからです。

 

 

授乳をするとバストをささえる「乳腺」が疲れて伸びてきます。乳腺は女性ホルモンが活性化すると元気になりますけど、授乳が終われば女性ホルモンの活性化もひと段落。

 

 

そのため乳腺も元気が無くなるんですよね。そのためにバストは垂れ気味になってきます。

 

 

 

授乳後の疲れた乳腺をそのままにしておくと、おっぱいは垂れっぱなしでずっとそのまま・・・これ怖いですよ

 

授乳後に乳腺が疲れた状態にしておくと、そのままおっぱいは垂れたままです。ケアしないとそのままなんですよね。10代くらいならハリも回復する可能性もありますけど、

 

 

普通はバストをケアしないとおっぱいは「垂れたまま」です。これって怖いですよ。

 

 

ここでケアするかしないかでかなりの「おっぱい人生」が違ってきます。ずっと垂れたままのおっぱいってのは私もそうですけど、人生きついですよ。女性ですからね。

 

 

できれば、授乳後はバストをいたわってケアしてあげると、おっぱいの垂れも徐々に回復してきます。

 

 

乳腺への刺激がバストの下垂を防いでくれる

バストは母乳をつくる「乳腺」「脂肪」そして乳腺と皮膚をつないでいる「クーパー靭帯」と、これらを支える「大胸筋」でできています。

 

 

この中で、バストのハリに大きく影響するのが乳腺です。

 

 

妊娠をした時には、乳腺が女性ホルモンによって指摘されているので、発達します。脂肪もだんだんと大きくなっていきます。ですので、妊娠していないときでも乳腺を刺激することで、バストにハリを与える効果が期待できます。

 

 

授乳後の疲れた乳腺を回復させてバストの垂れを回復させるには

 

 

「乳腺」マッサージをする

 

 

マッサージでほぐれたバストをブラでしっかり「形状補正」する

 

 

バストアップのための「栄養」を補給する

 

 

といったステップが一連の流れになります。

 

 

乳腺マッサージの動画

 

乳腺マッサージをする時の注意点

乳腺マッサージを行うときは、あまり力を入れすぎないようにします。。力を入れ過ぎると「クーパー靭帯」への刺激が強くなって、「クーパー靭帯」が伸びてしまう可能性もあります。→参照 授乳後のバスとが非対称なのをケアする

 

 

また、胸の皮膚への刺激があまり強くならないように指を滑らせると言う意味で、乳腺マッサージを行うときには、オイルやクリームを使用するとより効果的です。

 

 

※妊娠の初期に胸を過度にマッサージすると、子宮が収縮する可能性もあるので、妊娠初期はマッサージは避けるようにしてくださいね^^

 

 

 

 

 

マッサージでほぐれたバストをブラで「形状補正」する

 

 

乳腺マッサージをするバストがやわらかくなってほぐれてきます。その状態でブラでホールドしてバストを「形状補正」していきます。

 

 

この時のポイントは

 

 

自分に合ったブラジャーをする

 

 

寝ている間もブラジャーをしてしっかり「形状補正」する

 

 

ということです。ブラジャーがゆるゆるだったり、あんまりきつかったりすると、うまくバストの形は元に戻っていきません。

 

 

自分にあったブラジャーを選んで寝ている間もつけてしっかりバストを補正するのがとても大事です。

 

 

参照動画 ブラジャーの選び方「A・Bカップ編」

 

参照動画 ブラジャーの選び方「C.Dカップ編」

 

 

 

 

 

 

バストアップのための「栄養」を補給する

 

 

ブラで補正して「形状補正」をしていると、おっぱいの形はだんだん戻ってきます。

 

 

そこからさらにバストアップを狙いたい場合は、バストアップに必要な「栄養」を補給していきます。

 

 

バストアップに必要な栄養とは「女性ホルモンを活性化させる栄養」です。

 

 

女性ホルモンが活性化すると、「乳腺」の働きが活発になるので、おっぱいにハリがでてきてボリュームアップしてきます。

 

 

女性ホルモンを活性化させる食べ物としては

 

 

豆類・脂肪の少ない肉類・魚類・キャベツなどがあります。

 

 

参照 バストアップにいい食べ物

 

 

また、ダイレクトに女性ホルモンを活性化させるものとして「プエラリア・ブラックコホシュ」という栄養素があります。

 

 

これは食べ物では摂取できないので、サプリを使うことになります。食べ物だけでの栄養摂取が難しい場合になサプリも検討するのがベターでしょう。

 

 

 

 

 

 

授乳後のには乳腺が疲れてくるのはしょうがないです 焦らずケアしていきましょう

 

 

授乳をした後は、赤ちゃんにおっぱいが引っ張られたり無理な力がかかったりするので、バストを支えている乳腺は疲れてきます。

 

 

これはしょうがないことなので、ケアをしていくことが大事なんですね。

 

 

私もホントめんどくさがりな性格ですけど、自分の垂れたおっぱいをみたら

 

 

「ああこれはケアしなきゃあダメなんだなあ・・・」

 

 

と思いました。やっぱりおっぱいは女性の命ですからねえ。ケアしてあげると形も戻ってきますし、大きくなりなっていきます。

 

 

かわいいもんですよ。おっぱいって(*^-^*)

 

 

 

授乳後のバストの悩み解決サプリ!垂れた胸のハリを回復トップページへもどる

 

 

関連ページ

卒乳後バストがしぼのはクーパー靭帯が伸びるせい ブラと女性ホルモン活性化で改善
卒乳するとおっぱいばしぼむのはクーパー靭帯が伸びたりキレたりするせいです。卒乳後にはブラでホールドして女性ホルモンを活性化することでケアすることができます。
産後に垂れた(下垂)胸をもとに戻してバストアップも狙って行く方法
産後に垂れた胸を元に戻していくにはやっぱりバストケアがどうしても必要です。めんどくさいですけどしっかりケアしてバストを元に戻していきましょう。
授乳後にブラジャーが合わないのはNG フィットするブラを選ぶ方法
授乳後に女性のほとんどがブラジャーがバストに合わなくなります。そこでしっかりフィットした自分に合ったブラをしないと胸が垂れます。しっかりとフィットするブラを探す方法をご紹介しています。
授乳後にぺちゃんこおっぱいを改善するケア方法
授乳後におっぱいがべちゃんこで垂れてきた・・・そんなときにそれを放置しないで改善するケアをやっていきましょう。放置るするとそのままぺちゃんこバストのままになってしまいます。その改善方法をご紹介しています。