授乳後に適切なブラを選んでバストの垂れを防ぐ

ブラ

授乳後(卒乳)すると胸の形はある程度崩れてしまいます。

 

 

赤ちゃんに引っ張られて、乳腺が疲労している状態ですね。そのために、授乳後には適切なケアが必要ですがここで、正しいブラジャーを使うことが大事になってきます。

 

 

授乳後に合わないブラジャーを付けて言うと垂れ乳放置まっしぐらです

ブラジャー

授乳後に胸の形が崩れるのは「クーパー靭帯」が伸びているからです。この靭帯が伸びるとバストが垂れてきます。

 

 

バストが垂れてくると、脂肪がだんだんと流れ込んできて、そのままにしておくと、バストの脂肪が脇の下に流れていきます。

 

 

そのためにバストに合ったブラをつけて「クーパー靭帯を下から支えて、下垂によって脇のほうに流れた脂肪を元に戻していくことが大事です。

 

→参照 クーパー靭帯について

 

 

ほうっておくと、脂肪はだんだんそのままの形で元に戻らなくなり、バストが垂れたままになってしまいます。

 

 

そう私も授乳後にあまりにブラジャーが合わなくて困りましたよ。でも合うブラジャーをキチンとあてがうことで、授乳後の垂れ乳を防止することができるんですね。そのためには自分に合ったブラジャーを探すのが必須です。

 

 

そのまま合わないブラジャーをつけていると、授乳後のおっぱいは「垂れたままでしかも形が崩れたまま」という悲惨なことになってしまいます。

 

 

授乳後に適したブラジャーは??

授乳後のバストの下垂(垂れ)防止のブラの条件を見てみましょう。

 

脇の下の幅が広いもの

バストが垂れてくると、脂肪が脇下に広がってくるのでブラジャーの中にしっかり脇下の脂肪を集めて収めるために必要です。

 

 

アンダーはぴったりなブラを選ぶ

ブラジャーに治まった脂肪を外に漏らさないようにするために、アンダーはピッタリなものを選びましょう。ここが合ってないと、脂肪をキープできないからです。

 

ブラジャーのカップが4分の3のものを選ぶ

ブラには2分の1カップのものもありますけど、バストの脂肪を整えるためには、胸全体を大きなカップでしっかりと保定することが大事です。

 

 

ブラの肩のひもが調節できるものを選ぶ

肩ひものしまりを調節して、バストを正しく吊り上げて「クーパー靭帯」を支えることが大事です。

 

 

以上が授乳後のブラを選ぶ基準ですが、

 

 

ポイントは脇の下の脂肪をブラに収めて、バストの位置を垂れていない上体で固定することです。

 

 

参照動画 ブラジャーの選び方「A・Bカップ編」

 

参照動画 ブラジャーの選び方「C.Dカップ編」

 

 

 

バストの脂肪をしっかりと保定して、クーパー靭帯を支える

バストの脂肪は、ある程度固定することでその形に整っていきます。バストに合ったブラで脂肪の形を保定して、垂れた形にしないようにしましょう。

 

 

バストはある程度ブラでホールドすることによって「形状記憶」をしていかないと、授乳後は特にどんどんと垂れさがって形も崩れていきます。自分に合ったブラジャーをしていないと形は崩れ去る一方なんですね。

 

 

しっかりと自分に合ったブラジャーをしていないとただでさえ授乳で伸びてしまったクーパー靭帯をさらに伸ばしていしまうことになります。ブラジャーは寝ている間もしっかりとつけておっぱいをホールドして億kとが必要なんですね。

 

 

膝や肘や肩の靭帯を痛めて、痛い時はサポーターを付けてホールドします。おっぱいもそれと全く一緒のイメージですね。そのままホールドしないで放置するとずっと胸は垂れさがったままになってしまいます。

 

 

自分に合って付け心地のいいブラジャーを選ぼう

 

ブラジャー選びのポイントは

 

 

「自分にサイズが合っている」

 

「つけ心地がイイ」

 

 

という2点がとても大事です。サイズが合っているのは当然としても、つけ心地が悪かったりするときついですからね。

 

 

ずっと付けているものなのがブラジャーです。ナイトブラなどで寝ている間でもつけていないとおっぱいの形は崩れてきてしまいます。

 

 

だから「付け心地のイイ」ブラを選ぶのはストレスも無くなりますし、おっぱいの状態を良くするためにも大事なことなんですね。

 

 

自分に合ったサイズで付け心地が良いブラジャーを選んでみてください。授乳後バストの垂れも改善して言いますよ(*^-^*)

 

 

 

 

授乳後のバストの悩み解決サプリ!垂れた胸のハリを回復トップページへもどる

関連ページ

卒乳後バストがしぼのはクーパー靭帯が伸びるせい ブラと女性ホルモン活性化で改善
卒乳するとおっぱいばしぼむのはクーパー靭帯が伸びたりキレたりするせいです。卒乳後にはブラでホールドして女性ホルモンを活性化することでケアすることができます。
産後に垂れた(下垂)胸をもとに戻してバストアップも狙って行く方法
産後に垂れた胸を元に戻していくにはやっぱりバストケアがどうしても必要です。めんどくさいですけどしっかりケアしてバストを元に戻していきましょう。
授乳後にぺちゃんこおっぱいを改善するケア方法
授乳後におっぱいがべちゃんこで垂れてきた・・・そんなときにそれを放置しないで改善するケアをやっていきましょう。放置るするとそのままぺちゃんこバストのままになってしまいます。その改善方法をご紹介しています。
授乳後に垂れた胸を乳腺を発達させて回復させる方法
授乳後に垂れたバストはケアしましょう。乳腺マッサージをして、ブラで形状補正。バストアップにいい栄養素を補給していくことで垂れたおっぱいを補正することができます。