授乳後のバストが形が崩れ小さくなる理由とその改善方法です(*´ω`*)

オッパイが垂れてしまった女性

 

こんにちは。近藤理名です。

 

 

産後にバストがしぼんだり、下垂(垂れ)したりすることで悩んでいる方は多いですよね。これってホント避けることはできないことです。程度の差はあっても誰でも垂れるもんなんですよ(;´Д`)

 

 

授乳している場合もそうですが、授乳をしていない粉ミルク派の人でも産後にはバストの形が崩れがちです。これってなんででしょうかね?それには理由があるんですよね。

 

 

特に乳房が大きい人は、産後にバストの形が崩れて下垂(垂れ)しやすいです。どうして授乳後や産後はバストがたるんで小さくなるのでしょうか?その理由をご紹介します。

 

 

産後は乳腺が発達してくるため胸が成長する

乳腺が張った女性

普通は、女性ホルモンは日常生活を送りやすいようにバランスを調節されています。女性ホルモンはデリケートなので、バランスが命なんですよね。

 

 

でも、妊娠をすると生殖の刺激でホルモンが分泌されて活性化します。特に妊娠の中期から活発になり乳腺に母乳の準備ができてくるわけです。

 

 

そう「乳腺が発達するとオッパイが大きくなるわけです。

 

 

妊娠すると「おっっぱい大きくなったぞイエーイ」みたいになるんですよね。これは誰でも経験するんじゃないでしょうか?(;´Д`)

 

 

 

それでもってには母乳は出産を行うと乳腺がもっとも発達します。 バストの変化はこういった乳腺の発達によっておこります。出産するときが一番バストが大きいっていう理論になってきますよね。

 

 

そして、出産して授乳をしているときまでは乳腺って発達したままなんですよね。

 

 

ただ、勘のいい人はもう気づいていると思うんですけど、「授乳が終わると乳腺はもとにもどっちゃう」わけです。

 

 

 

妊娠して出産し、授乳期になると乳腺は大きく発達してきます。そして、授乳が終わると元に戻ります。

 

 

授乳期には乳腺が最大になりバストが大きくなりますが、授乳が終わると乳腺が萎縮してくるわけです。そう、おっぱいを上げ終わったら用済みということでおっぱいは小さくなる・・・・悲しいですよね(;^ω^)

 

 

活発だった乳腺細胞はだんだんと減り始めて「授乳後のおっぱいは萎んでくるんですよね。ちょっと悲しいストーリーです。ほんとに悲しいです。

 

 

年齢を重ねると、乳腺は萎縮して消失します。組織自体が脂肪に変わっていくのでハリがなくなっていくのです。

 

 

「消失」するというのが驚きでですよね。ちょっと怖いです。どうすればいいんでしょうかこれって?授乳が終わったらこのまま、おっぱいって垂れたまんまなんでしょうか?

 

 

授乳後のおっぱい垂れを改善する方法はどうする?

 

でも授乳後のオッパイの垂れを改善するには

 

 

しっかりとブラでホールドして、授乳前の形をしっかりと思い出させる。ことです。

 

 

乳腺細胞が減ってしまうと、どうしてもおっぱいは垂れてきます。一度膨らんだ風船が萎んでシワシワになるイメージですね。

 

 

そこまで極端じゃないですけど、おっぱいもそういう感じで、授乳が終わるとしぼんでたれてきます。

 

 

その垂れを防ぐには

 

 

「しっかりとおっぱいをホールドして垂れてくるのを防ぐ」

 

 

「しっかりとおっぱいをホールドしておっぱいを以前の状態に戻していく」

 

 

というのがとても大事です。

 

 

だから、授乳が終わった時にブラのサイズも変わると思いますけど、テキトーにブラを選んでテキトーにホールドしてるとそのままになってしまいますよ。

 

 

授乳後にそのまま垂れたおっぱいを放置すると、そう「そのまバストが垂れて形が崩れたまま」になってしまいます。いやこれマジで怖い。

 

 

まず、授乳後はしっかりとブラでおっぱいをホールドするのが最優先です。これをやらないとあとで後悔することになりますよ(;´Д`)

 

 

 

 

授乳が終わったらおっぱいの「ハリ」を取り戻していくのも大事なポイントです

 

授乳が終わったら、実際にオッパイのためにやったほうがイイこと、やってはいけないことを実践していくだけです。

 

 

バストの垂れを改善するためにやっていくこと

 

たんぱく質をしっかりとる

・・・たんぱく質が不足すると、おっぱいのハリが無くなってきます。肌の廊下にもつながるので
しっかりとタンパク質を取りましょう。

 

 

一日にタンパク質の目安は「体重1キログラム×1グラム」です。

 

 

体重が50sの人だったらタンパク質は50グラムは一日に取ったほうがイイですね。

 

 

お風呂に入って体を冷やさないようにする

 

身体を冷やすと、おっぱいに必要な酸素や栄養素の運搬が滞ります。しかも皮膚や筋肉のコンディションが悪くなってきます。

 

せっかくとったタンパク質などの栄養素をおっぱいに回しくためには、体をア冷やすのはNG。

 

できればお風呂に入って、シャワーだけで済ますのは辞めたほうがイイですね。

 

 

女性ホルモンを摂取する

 

女性ホルモンを摂取することでおっぱいの乳腺が発達してきます。授乳をしているときは自然と発達しておっぱいが大きくなりますけど、女性ホルモンを活性化する食べ物で補給します。

 

 

大豆、ナッツ類、キャベツ 肉(脂肪の少ない肉鶏肉などがおススメ) 卵 牛乳

 

 

このあたりは女性ホルモンを活性化させてさらに、タンパク質も含まれているものも多いので、おっぱいの垂れを回復させるには
積極的にとっていきたい食べ物です。

 

 

また、直接女性ホルモンを活性化させる「プエラリア」を含んだものを摂取するのも効果的です。食事を管理できない忙しい女性にとってはプエラリアを含んだサプリを取っていくのも効果が高いです。

 

 

 

 

バストの垂れにとってNGなこと

 

 

糖質のとりすぎは良くないです

 

おっぱいを釣り上げてている靭帯や皮膚も「タンパク質」からできています。たんぱく質が不足すると「おっぱいから萎んでいく」

 

という悲惨なことになってしまうんですよね。

 

そのため、投資るをとりすぎると体のタンパク質を固くしてもろくする働きがあるんですよ。だから糖質はとりすぎないほうがオッパイのためにはいいです。

 

特に「白砂糖」はヤバいので、炭水化物、甘いものはほどほどにしておきましょう。(食べ過ぎなければ大丈夫ですよ)

 

 

まずとにかく背筋をのばす 猫背にならない

 

授乳してるとどうしても前かがみになって、姿勢もそのまま猫背になりやすいです。

 

 

おっぱいにとってこの「猫背」っていうのは最も悪いことなんですよね。

 

 

猫背になると「僧帽筋」がたるんできます。僧帽筋はおっぱいを支える大事な筋肉で、背筋を伸ばしていればある程度

 

鍛えられます。

 

 

参照 僧帽筋(ウィキペディア)

 

猫背になるとこの僧帽筋がだるだるになってきておっぱいは一気に「垂れて」きます。とにかく、授乳中、授乳後は猫背になりやすいので

 

気を付けてくださいね。

 

 

おっぱいの垂れは普段の生活から直していくのがベターですね

 

授乳が終わって垂れてしまったおっぱいも、きちんとケアすればもとにもどってきます。

 

普段の生活のブラの付け方や食生活、姿勢などをちょっと見直すだけで大きく違ってくるので、気を付けて生活してみてくださいね(^O^)/

 

 

 

授乳後のバストの悩み解決サプリ!垂れた胸のハリを回復トップページへもどる

 

関連ページ

産前産後のバストケアの方法 おっぱいの垂れを防ぐ
産前産後のバストケアの方法をご紹介します。ケアをすることで産後のおっぱいの垂れをしっかり防いで形のイイバストを作ることができます。
授乳後のバストが非対称を解消する方法 バランスのいいおっぱいになる
授乳後のバストが左右対称じゃないという悩みはよく聞きます。これを予防改善する方法をご紹介しています。きちんとケアすれば改善するので大丈夫ですよ(*´ω`*)
妊娠線改善にワセリンて消せるの??実際に塗ってみてた私の経験談
お腹とかおっぱいにできる「妊娠線」て白色ワセリンとかで消すことができるんでしょうか?実際に塗ってみたので結論を申し上げますね(;´Д`)
授乳後にバストがしぼんだら血行促進とブラでおっぱいケアをする方法
授乳後にバストがしぼむ・・・っていうのは女性は全員そうなるのでしょうがないです泣。でもそのあとのケアをするかしないかでそのまましぼんだままになるかどうかが決まってきます。ここではケア方法についてご紹介しています。