血行促進はおっぱいにとって大切です

腰が痛い女性

 

 

こんにちは。近藤理奈です。

 

 

授乳後ってどうしてもバストはしぼんできます。しぼむんですよまじで。

 

 

というか、授乳してるとこいは女性ホルモンが活性化していて乳腺が発達していますけど、授乳が終わると、女性の身体もいわゆる「平常運転」になるので女性ホルモンも「平常運転」になるんですね。

 

 

そうすると、おっぱいもしぼんできます。というか元に戻るんですよね。一回大きくなったバストが元に戻るので、「しぼんでくる」みたいになるわけです。

 

 

なんか、切ないですね。巨乳がいいってわけじゃあないですけど、しぼむってのはちょっと切ないものです。

 

 

授乳後のバストがしぼむのはしょうがない でもそのあとケアをしないとおっぱいがしぼんだままでハリも無くなり垂れれきます

 

 

授乳後にバストがしぼむのはしょうがないんですが、そのしぼんだあとケアをしないで、そのまま放置すると当然ですけど、

 

 

「おっぱいはハリが無い状態」

 

「おっぱいが垂れさがってくる」

 

 

ということになります。

 

 

いっかい、完全におっぱいが垂れてしまうとなかなか改善するのって難しいんですよね。いやおっぱい垂れてくるとちょっとかなり気持ち的にもブルーですよ。

 

 

経験者なので言わせてもらいますけど、ほんとに「こんなおっぱいじゃあ生きていけない」くらいにブルーな気分になってきます。キツイです。

 

 

でも、授乳後にバストがしぼむことがあってもケアをすれば改善していくのでそこまで悲観することはなかったわけです。

 

 

バストのケアをやった私 オーソドックスな方法で「バストを温める」ことと「ブラでバストをしっかりホールドする」ということですね

 

 

まず、授乳後にしぼんだおっぱいは固くなって、血行が悪くなっているので、「温める」ことが大事です。

 

 

これって授乳後じゃなくてもバストにとって「体を冷やす」のは良くないんですよね。

 

 

血行が悪いと、「おっぱいに栄養がいきわたらない」ことになって、バストアップに良い食べ物をとっても栄養がいきわたらないんですよね。

 

 

→参照 バストアップに効果のある栄養を含んだ食べ物

 

 

また、血行がわるいとバストも固くなってきます。そのまま形が固定されて、しぼんで垂れたままになるので、ブラでホールドしてもなかなか形が元に戻りません。

 

 

なので「おっぱいの血行を良くする」→「ブラでホールドしてしぼんで垂れた状態を治す」

 

 

という順番でのケアが大事です。同時並行でやっていくのがベターですね。

 

 

体をあたためるのには入浴か基本なんですけど

 

 

体を温めるのは「入浴」が基本でこれでおっぱいを温めたいところんなんですけどね。ぶっちゃけ入浴でもいいです。ただ、おっぱいまで湯船につかっているのもなかなか大変です。熱いですしね。

 

 

お風呂が相当好きな人じゃないときついかもしれません。おっぱいを温める手としてもう一つ「蒸しタオルを使う」という方法があります。

 

 

蒸しタオルでおっぱいを温める

 

タオルはなるべく胸を覆うくらいの大きさのものを濡らして絞ります。

タオル絞る

 

 

電子レンジで1分くらい加熱します。タオルの大きさによって時間は調節してくださいね。

電子レンジ

 

 

蒸しタオルをバストに当てて温めます。このときにタオルが冷えないようにもう一枚上からタオルを当ててくださいね。

 

 

おっぱいがなるべく垂れさがらないようにしたから上にもし上げるように固定していきます。

 

 

※体が冷えると良くないので、カーディガンなどを羽織っておくといいでしょう。

 

 

※上半身は起こした状態がいいです。

 

 

※だいたい5分くらい温めて、タオルが冷えて終了です。

 

 

バストを温めると、血行が良くなり栄養が胸にいきわたります。また、おっぱいも柔らかくなりブラジャーでホールドすることで、垂れた形を整えやすくなっていきます。

 

 

温めることは体にとってはとてもいいことなので、胸の垂れを改善するには効果の高い方法です。ぜひやってみてください^^

 

 

おっぱいを温めながらしっかりとブラでバストの形を補正する

がんばる女性

 

おっぱいを温めつつ、ブラでしぼんで垂れたバストを補正していきます。

 

 

ブラは補正の効くしっかりとしたブラを使っておっぱいを「形状記憶」する必要があります。せっかくおっぱいをあっためて柔らかくしてもそのまま放置していてはあんまり意味ないですしね。

 

 

ブラジャーでしっかりと補正して形をととのえていくのがとても重要です。

 

 

寝ている間もブラをつけていないと、寝返りを打ったりするので、バストが流れてしまいます。ブラジャーは女性にとって「第二の皮膚」と言われるほど大事なものです。

 

 

ブラをつけて補正していくことで、しぼんで垂れた状態のバストを改善していくことができます。

 

 

 

 

バストの形が戻ってきたらマッサージ・筋トレ・栄養補給でバストアップする(^O^)/

 

 

授乳後にしぼんだバストの形た戻ってきたら

 

 

「おっぱいのハリをつける」

 

「おっぱいを大きくする」

 

 

というプラスアルファのケアをしていくと効果的です。

 

 

効果的なのはやはり、「マッサージ」「筋トレ」「バストにいい栄養補給」です。これがバストアップには「三種の神器」というわけですね。

 

 

参照 マッサージ 筋トレ

 

 

 

 

 

 

参照 バストアップにいい食べ物

 

 

 

 

 

このプラスアルファのおっぱいケアをすることで「美乳」ちゃんになってきます(^O^)/

 

 

やっぱり授乳後のバストはトラブルがつきものですけど、ケアをやっていけばバストは成長します。キレイなバストのお母さんでありたいですよね。

 

 

そういうケアをするかしないかでかなりちがってくるので、私もケアをがんばります。あなたもバストケアをぜひやってみてください。

 

 

 

授乳後のバストの悩み解決サプリ!垂れた胸のハリを回復トップページへもどる

関連ページ

授乳後のバストが垂れて萎む理由とおっぱい改善方法
授乳後のバストが垂れてくるには理由があります。その理由と、垂れたおっぱいをどうやって改善していくかをご紹介しています。
産前産後のバストケアの方法 おっぱいの垂れを防ぐ
産前産後のバストケアの方法をご紹介します。ケアをすることで産後のおっぱいの垂れをしっかり防いで形のイイバストを作ることができます。
授乳後のバストが非対称を解消する方法 バランスのいいおっぱいになる
授乳後のバストが左右対称じゃないという悩みはよく聞きます。これを予防改善する方法をご紹介しています。きちんとケアすれば改善するので大丈夫ですよ(*´ω`*)
妊娠線改善にワセリンて消せるの??実際に塗ってみてた私の経験談
お腹とかおっぱいにできる「妊娠線」て白色ワセリンとかで消すことができるんでしょうか?実際に塗ってみたので結論を申し上げますね(;´Д`)